作者のあて先:

思考と運命




この本は、年1912と1932の間の間隔でBenoni B. Gattellに口述されました。 それ以来、それは何度も何度も何度も行われてきました。 さて、1946には、少なくともわずかに変更されていないページがいくつかあります。 繰り返しや複雑さを避けるために、ページ全体が削除され、私は多くのセクション、段落、およびページを追加しました。

私が考えることと書くことが同時に困難であったので、援助なしでは、その作品が書かれたであろうかどうかは疑わしい。 主題を形にする間、私の体は静止していなければならず、そして形の構造を構築するために適切な言葉を選びました:それで、私は彼がした仕事に対して本当に感謝しています。 私はここでまた、彼らの提案と仕事を完成させる上での技術的援助のために、名前がないままでいることを望む友人の親切な事務所を認めなければなりません。

最も困難な仕事は扱われたrecondite主題を表現する用語を得ることでした。 私の骨の折れる努力は、ある特定の不可解な現実の意味と属性を最もよく伝える単語やフレーズを見つけ、そして人体の意識的な自己との不可分の関係を示すことでした。 繰り返し変更した後、私はついにここで使用されている用語に決着しました。

多くの主題は私が望んでいるほど明確にされていません、しかしなされる変更は十分であるか無限でなければなりません。

私は誰にも説教することを想定していません。 私は自分自身を説教者でも教師でもありません。 私がその本を担当しているのではないのであれば、私の性格はその作者として挙げられていないほうがよいでしょう。 私が情報を提供している主題の偉大さは、私を自尊心から解放し、解放し、そして謙虚さの嘆願を禁じます。 私はすべての人体にある意識的で不滅の自己に対して奇妙で驚くべき発言をあえてします。 そして、私は個人が提示された情報で彼がすることをするかどうかを決定することを当然のことと思います。

思いやりのある人は、意識的な状態での私の経験のいくつか、および私が知り尽くしたことについて私が知ることができたことを説明するのに役立つかもしれない私の人生の出来事についてここで話す必要性を強調しました現在の信念との相違。 彼らはこれが必要であると述べています。なぜなら、書誌事項は添付されておらず、また、ここで行われていることを実証するための参考文献も提示されていないからです。 私の経験の中には、私が聞いたことや読んだことのあるものとは違ったものがあります。 人間の生活や私たちが住んでいる世界についての私自身の考えは、私が本の中で言及されていない事件や現象を私に明らかにしました。 しかし、そのような問題が他の人に知られていない可能性があると仮定するのは不合理でしょう。 知っているが分からない人がいるはずです。 私は秘密の誓約を受けていません。 私はいかなる組織にも属していません。 私は自分が見つけたことを考えることによって信じることを信じることはありません。 目が覚めている間はしっかりと考え、睡眠中やトランス状態ではありません。 私はこれまで一度も行ったことがなく、またいかなる種類のトランスにもなりたいとも思っていません。

宇宙、物質の単位、物質の構成、知性、時間、次元、思考の創造と外部化などの主題について考えながら私が意識してきたことは、将来の探査と搾取のための領域を開いたことになるでしょう。 。 その時までに正しい行動は人間の生活の一部であるべきであり、そして科学と発明に遅れないようにすべきです。 それから文明は続くことができ、責任との独立は個人的な生命および政府の規則である。

これは私の初期の人生のいくつかの経験のスケッチです:

リズムは、この肉体的世界との私の最初のつながり感でした。 後で私は体の中を感じることができました、そして私は声を聞くことができました。 私は声によって作られた音の意味を理解しました。 私は何も見ませんでした、しかし、私は感じて、リズムによって表現された言葉の音のいずれかの意味を得ることができました。 そして私の感情は言葉で表現された物の形と​​色を与えました。 視覚を使うことができて物を見ることができたとき、私は感じたときに感じた形や外観が私が理解していたこととおおよそ一致していることがわかりました。 私は視覚、聴覚、味覚、嗅覚の感覚を使うことができ、質問をしたり答えたりすることができたとき、私は自分自身が奇妙な世界の中で見知らぬ人であることに気づきました。 私は自分が住んでいた肉体ではないことを知っていましたが、だれか、私がどこにいたのか、どこから来たのか誰にもわかりませんでした。

私は自分が自由にできない体の中にいることに気づきました。 私は一人で、そして残念な悲しみの状態で迷子になりました。 何度も起こったことや経験から、物事は自分たちの姿ではないと確信しました。 継続的な変化があること。 何の永続性もありません。 人々はしばしば彼らが本当に意味するものの反対を言った。 子供たちは彼らが「make-believe」または「私たちにふりをさせよう」というゲームをしました。 子供たちが遊んだ、男性と女性は偽善とふりをしました。 比較的誠実で誠実な人は比較的少なかった。 人間の努力に無駄があり、外観は続きませんでした。 外観は長続きしませんでした。 私は自分自身に尋ねた:どのように物事は持続することができ、無駄や無秩序なしで行われるべきですか? 私のもう一つの部分は答えた:まず、あなたが欲しいものを知っています。 あなたが望むものを持っているであろう形を見てそして着実に心に留めておいてください。 それからそれを考えて、そして話して、それを見かけ上、そしてあなたが目に見えない雰囲気から集められそしてその形の中にそしてその周りに固定されるであろうと思うもの。 私はそのときこれらの言葉で考えなかったが、これらの言葉は私がそのとき考えたことを表現している。 私はそれができると自信を持って感じ、そしてすぐに試してみて、長い間試した。 私は失敗しました。 失敗したとき、私は恥ずかしがり屋だと感じ、恥ずかしがりました。

私は出来事を観察するのを助けることができませんでした。 特に死について起こったことについて人々が言うのを聞いたことは合理的ではないようでした。 私の両親は敬虔なクリスチャンでした。 私はそれが読んだのを聞いて、神が世界を造られたと言った。 彼は世界のそれぞれの人体に対して不滅の魂を創造した。 神に従わなかった魂は地獄に投げ込まれ、燃え尽きて燃え尽きることでしょう。 私はそのことを信じていませんでした。 どんな神でも存在でも世界を造り、私が住んでいた肉体のために私を創り出したのではないかと私が想像したり信じたりすることは、私には不合理に思えました。 私はつばのマッチで私の指をやけどしていました、そして私は体が火傷して死ぬと信じていました。 しかし、私は、私のように意識していたものは、燃えることも死ぬこともできないこと、その火と縁石が私を殺すことはできないことを知っていました。 私は危険を感じることができましたが、私は恐れませんでした。

人々は、「なぜ」または「何を」、人生についても死についても知らないようでした。 起こったことすべてには理由がなければならないことを私は知っていました。 私は生と死の秘密を知り、そして永遠に生きたいと思っていました。 私はその理由を知りませんでした、しかし私はそれが欲しいと思うのを助けることができませんでした。 私は、世界と夜と昼と生と死を管理した賢い人がいなければ、夜と昼と生と死、そして世界は存在し得ないことを知っていました。 しかし、私は自分の目的は、自分がどう学ぶべきか、そして何をすべきかを私に教えてくれる人たちを見つけることであり、生と死の秘密を信頼することであると決心しました。 私はこのことを語ることすら考えていません。私の会社の決心です。人々は理解できないでしょう。 彼らは私が愚かであるか狂気であると信じているでしょう。 当時私は7歳くらいでした。

15年以上が経ちました。 私は男子と女、特に青年期に、そして特に私自身のそれに成長し、男と女に変化しながら、私は男女の生活の異なる見通しに気づいていました。 私の見解は変わりましたが、私の目的 - 賢い人たち、知っている人たち、そしてそこから生と死の秘密を学ぶことができる人たちを見つけること - は変わりませんでした。 私は彼らの存在を確信していました。 彼らなしでは世界はあり得ない。 イベントの順序付けにおいて、私は、政府と世界の経営者が存在しなければならないことを理解することができました、ちょうどそれらが続くために国の政府かどんなビジネスの経営者でもなければならない。 ある日私の母は私が何を信じているのか私に尋ねた。 躊躇せずに私は言った:私自身の人生はそうではない証拠であるように見えますが、正義が世界を支配することは疑いなく知っています。

その同じ年に、1892の春に、私はあるマダムBlavatskyがMahatmasと呼ばれた東の賢者の生徒であったと日曜日の紙で読みました。 地上での繰り返しの生活を通して、彼らは知恵に達しました。 彼らが生と死の秘密を持っていたこと、そして彼らがマダム・ブラバツキーに神学協会を設立させ、それを通して彼らの教えを公にすることができたこと。 その夜は講演会があるでしょう。 私は行った。 後で私は協会の熱心な会員になりました。 賢い人がいたという声明は - 彼らが呼ばれたどんな名前でも - 私を驚かせなかった。 それは私が本質的に人間の進歩と自然の方向性と導きのために必要であると確信していたことの口頭の証拠だけでした。 私はそれらについてできることをすべて読みました。 私は賢人のひとりの生徒になることを考えました。 しかし、考え続けているうちに、本当のやり方は誰にも正式に適用されているのではなく、自分に合った準備ができていることを理解するようになりました。 私は自分が想像したような「賢い者」から見たり聞いたりもしたりもしていなかったりしました。 私は先生がいませんでした。 今、私はそのようなことをもっとよく理解しました。 本当の「賢い者」は、The Realm of PermanenceにあるTriune Selvesです。 私はすべての社会との関係をやめました。

1892の11月から、私は驚くべき重大な経験を経て、1893の春に、私の人生で最も特別な出来事が起こりました。 私はニューヨークの14thアベニューで4th Streetを渡った。 車と人々は急いでいた。 北東の角の縁石に向かっている間、無数の太陽の光よりも大きい光が私の頭の中央に広がりました。 その瞬間または時点で、永遠は逮捕されました。 時間がありませんでした。 距離と寸法は証拠にありませんでした。 自然は単位で構成されていました。 私は自然の単位と情報としての単位を意識していました。 内外には、いわば大小のライトがありました。 広がりの少ないライトほど、ユニットの種類が異なります。 光は自然のものではありません。 それらは知性としての光、意識的な光でした。 それらの光の明るさや明るさと比較して、周囲の日光は濃い霧でした。 そして私は意識の存在を意識していました。 私は究極の絶対的な現実としての意識を意識し、物事の関係を意識しました。 私はスリル、感情、またはエクスタシーを経験しませんでした。 言葉は、意識を説明したり説明したりすることに全く失敗します。 私がその時意識していたことを考えずに、崇高な壮大さと権力と秩序と関係についての説明を試みるのは無駄でしょう。 次の14年間に2回、それぞれの機会に長い間、私は意識を意識していました。 しかしその間、私は最初の瞬間に意識していた以上のことを意識していませんでした。

意識を意識することは、私の人生の中で最も強力で注目に値する瞬間を話すためのフレーズとして私が選んだ一連の関連語です。

意識はあらゆる単位に存在します。 したがって、意識の存在は、それが意識している程度にそれが実行する機能として、すべてのユニットを意識させます。

意識を意識することは、それほど意識的になっている人に「未知」を明らかにします。 それからそれは彼が意識を意識することで何ができるのかを知らせることがその人の義務となるでしょう。

意識を意識することの大きな価値は、考えることによってそれが人があらゆる主題について知ることを可能にすることです。 思考は、思考の主題に内心的な意識の光を保持することです。 簡単に言えば、思考は4つの段階からなります。 その主題に意識の光を握る。 光を集中させる。 そして、光の焦点。 光に焦点が合うと、被写体はわかります。 この方法で、Thinking and Destinyが書かれました。

この本の特別な目的は、私たちが意識的に不滅の個人的な三位一体の不可分な行為者であることを人体の意識的な自己に伝えるために、時間の内に永遠の世界で。 私たち、現在は人体にいる意識的な自己は重大な試練に失敗し、それによって私たちはこの永遠の世界から出生と死と再存在の一時的な男と女の世界へと追放されました。 夢のために自己催眠術の睡眠に身を置いているからです。 私たちは、人生を通して、死を通してそして再び人生に戻って夢を見続けるでしょう。 催眠術をかけ、目覚めて、自分自身が置かれている催眠から抜け出すまで、私たちはこれを続けなければならない。 それは長い時間がかかりますが、私たちは私たちの夢から目覚め、自分自身を自分の体として意識するようになり、そして私たちの体を再生し、私たちの家の永遠の命へと回復させなければなりません。私たちのこの世界に浸透しますが、人間の目では見られません。 それから私達は意識的に私達の場所を取り、進歩の永遠の順序で私達の部分を続けます。 これを達成する方法は、以下の章で示されています。

これを書いている時点で、この作品の原稿はプリンター付きです。 書かれていることに追加する時間はほとんどありません。 何年にもわたってその準備の間に、私はテキストに不可解に思われる聖書箇所の解釈を含めることを求められましたが、それはこれらのページで述べられたことに照らして意味があり、意味があります同時に、この作品で作られた確証的な声明。 しかし、私は比較をすることや対応を示すことを嫌っていました。 私はこの作品がそれ自身の長所だけで判断されることを望みました。

去年、私は 『失われた聖書の本』と 『忘れられた本のエデン』を含む本を購入しました。 これらの本のページをスキャンすると、Triune Selfとその3つの部分についてここで書かれていることを理解すると、奇妙な、さもなければ理解できない節がいくつ理解できるかを見るのは驚くべきことです。 人間の肉体から完成した不滅の肉体への再生、そしてイエスの言葉では「神の国」である永久の領域について。

再び聖書箇所の説明を求められました。 おそらく、これが行われ、ThinkingとDestinyの読者にこの本の中の特定の陳述を裏付ける何らかの証拠が与えられることはおそらく良いことです。その証拠は新約聖書と上記の本の両方に見いだされるかもしれません。 それゆえ、私はこれらの問題に対処するために、第X章、神とその宗教に5番目のセクションを追加します。

HWP

ニューヨーク、3月1946

はじめにへ➔